パソコンの複雑な設定は即依頼で即対応~専門技術対応白書

PC

データの取得方法の違い

インターネット

運送業を始め業務として長時間運転をする場合に必要になるのがデジタルタコグラフである。タコグラフとはそもそも情報を取得する機器の事で、デジタルとつくからにはデジタルデータとして様々な情報を取得することが出来る。運転のサポートから自動車の状態までデジタルタコグラフで知ることが出来るわけで、サポートという面ではカーナビと似ているポイントがある。ただしデジタルタコグラフはカーナビよりもより一層様々な運転サポートをすることが可能である。
デジタルタコグラフは様々な情報を常に取得していくが、この取得したデータの保存方法には幾つか種類がある。以前から存在した最も一般的なタイプがフラッシュメモリを使用した保存である。営業前には必ずフラッシュメモリをデジタルタコグラフに搭載し、営業が終われば情報が保存されたフラッシュメモリを提出するという形で利用されてきた。ただしこの作業が面倒であり、フラッシュメモリの搭載を忘れるとすべてのデータが保存できない状況になるため、最近では無線LANを使用した方法に移り変わってきている。無線LANを使用したモデルはフラッシュメモリを必要としない特徴を持っている。社内に無線LANモジュールを搭載することで常にインターネットに接続した状況にすることができ、ほぼリアルタイムで情報を送信していくことになる。送信されたデータはサーバーなどに保存され、データを見る時はサーバーにアクセスして取得することになる。同様にキャリア回線を使用したモデルも存在し、無線LANが届かない場所でも広い範囲をカバーしているキャリア回線で情報を送信することが可能である。こういったタイプのデジタルタコグラフは近年では一般的になり、より簡単に利用することが出来る。特にリアルタイム性が高いため、居眠り運転等を外部から警告するようなことも可能で、事故防止という観点からも徐々に新モデルに移行しつつある。